介護職の就業人数を増やすために東京で行っている取り組みは?

介護職のネガティブなイメージを吹き飛ばそう!

変わる介護業界
東京では初任者研修が無料で取得可能?

東京では初任者研修が無料で取得可能?

東京在住の方のみ無料受講が可能

2015年より東京福祉人材センターでは介護職員初任者研修を無料で受講できるようになりました。ただし、受講するスクールは限られており受講人数は決まっているので、受講を希望するのであれば早めに申し込むことをおすすめします。
無料受講はこれから介護職として働きたいと考えている人にとってはとても嬉しい取り組みですが、介護職員初任者研修は介護職の基礎的な資格なので介護職を目指している人だけでなく、「介護職ってどんな仕事?」と思っている人にもおすすめですが、介護の職場体験を受けてからでないと申し込むことができないので、まずは介護職場体験から申し込みましょう。

「介護職場体験」

初任者研修を無料で受講するためにはまず介護職場体験に参加しなければなりません。体験希望者1名につき年間で最大3日まで介護の現場で体験ができますが、3日以内であればひとつの施設だけでなく異なる施設での体験もできます。もちろん、参加費はかかりませんし、体験中の万が一の事故に備えて保険にも加入します。
事業所や施設形態で職場体験の内容は違いますが、基本的に「施設内の見学」「高齢者とのコミュニケーション」「食事やお茶などの配膳」「散歩の付き添い」「入浴介助」「排泄介助」「訪問介護の同行」など一日の流れを総合的に体験することができます。
職場体験は都内に在住している人であれば学生だけでなく主婦や就業者、離職者、など誰でも受講することができますが、受け入れ施設から採用や内定をもらっている人は参加できません。申し込むときは個人情報や体験希望日や施設を既定の申込書に記載して東京都福祉人材センターに送付しますが、体験希望日の15日前までに必着です。
体験希望日の10日前までに体験通知が郵送されますが、受け取った後に体験先へ事前連絡を入れなければ体験中止となってしまうため注意しましょう。

「無料講習」に申し込む

無料講習に申し込むには職場体験が必須ですが、それ以外にも飯田橋もしくは多摩支所の人材センターに出向いて求職者登録も行わなければなりません。また、職場体験の感想を交えた受講課題作文の提出も必須です。しかも課題作文は手書きでの提出が義務付けられているため慣れていない人にとっては負担に感じてしまうかもしれませんね。
無料の初任者講習は職場体験同様に東京都内に在住の人であれば受講可能ですが、介護福祉士など介護職員初任者研修と同等の資格を持っている人や、介護施設や事業所に就業中の人、就職が内定している人は受講できないので条件に当てはまるかどうか事前に確認しておきましょう。
この講習は限定された受講可能なスクールから選ぶことになるため、受講スケジュールもあらかじめ決められています。「せっかく申し込んだのにスケジュールが合わず受講できなかった」ということがないように、受講スケジュールもあらかじめ確認しておきましょう。

これから介護業界に挑戦する人へ

  • まず介護とはなにか? まず介護とはなにか?

    高齢者が最期のときまで自分らしく生きるためにお手伝いするのが介護職の仕事です。不便や不快を感じないように日常生活をサポートするのはもちろん、高齢者の気持ちに寄り添って過ごせるように心を砕いたり、残っている能力を有効に活用できるような手段を考えたりします。

  • きつい仕事だと思われている理由 きつい仕事だと思われている理由

    身体に負担がかかる業務が多いため体力的に厳しいのはもちろんですが、複雑な人間関係や仕事内容に見合わない給料、生活リズムが崩れやすいシフトなどがピックアップされやすいため、介護職=きつい仕事だと思われています。

  • 自治体の取り組み 自治体の取り組み

    介護業界の深刻な人手不足を解消するために各自治体でも介護職のイメージアップや定着率の向上に取り組んでいます。たとえば、川崎市では長く働ける環境作りとしてメンタルヘルス事業や職場改善に力を入れています。

  • 東京では初任者研修が無料で取得可能? 東京では初任者研修が無料で取得可能?

    人口が集中している東京都は高齢者の数も多いため、介護業界の人手不足はかなり大きな問題となっています。そこで少しでも人材を確保するために介護職の基礎的な資格である介護職員初任者研修を無料で受けられる講習も行っています。

  • 転職先となる介護施設の選び方 転職先となる介護施設の選び方

    以前は3Kと呼ばれていた介護職ですが、利用者が増えて環境が整備された今では劣悪な環境の介護施設はほとんどありません。ですが、希望する条件が合わなければ働きにくいと感じてしまい仕事に対する意欲も低下してしまうため、自分に合う施設を選ぶことが大切です。

  • 転職エージェントを利用しよう! 転職エージェントを利用しよう!

    介護職への転職を成功させたいのであれば、転職のノウハウを持ち施設側と独自のパイプを築いている転職エージェントを利用しましょう。求人の紹介だけでなく求職者にとって心強いサポートで転職活動をバックアップしてくれます。

PAGE TOP